夜行バス内での過ごし方なら

夜行バス利用時、車内での過ごし方の一例を紹介したいと思います。
今回は東京から福岡へ向かう場合。
まず21時乗車。
出発から初めのパーキングエリアまで1時間以内で着くはずなので、その間は何もせずただぼうっとしておきます。
これは後々暇になった時の為の温存策です。
そうすると時刻はだいたい22時くらいでしょう。
ここでは音楽などを聴いてリラックスし、後の睡眠に備えます。
日付が変わる前に寝るよう努力します。
そうすることで翌朝スッキリ目覚めることができます。
6時頃、パーキングエリアで寝起きの体をリフレッシュします。
コーヒーでも飲んだらいいかもしれませんが、カフェインはトイレに行きたくなることが多いので気を付けましょう。
そして残りの時間を温存しておいたもので暇つぶせば到着です。