火災保険料はa構造の建物だと安くなるそうです

火災保険は建物の構造によって保険料が違ってきます。
火災になった場合でも、燃えにくい構造の物の方が保険料は安く済むのです。
鉄筋コンクリートなど、燃えにくい素材で出来ている家をa構造と呼びます。
現在ある住宅は、2×4の木造住宅が多いとされていて、この2×4はCまたはF構造と呼ばれます。
この場合、A構造と比べてしまうと少し保険料は割高になります。
火災保険は、家に万が一の災害があった場合、とても役立つ保険です。
火災だけの時ではなく、水害や盗難被害など生活上の被害でも保障をしてくれるので、たとえ多少保険料が高くても加入しておいた方が安心かと思います。
また、各保険会社によって、様々な保障内容があります。
保障内容によっても保険料は違ってくるので、ご自宅に合った保険会社を選ぶ。
という事も保険料を安くする上で大事なポイントです。
火災保険おすすめランキング!安い会社は?【後悔しない選び方】