条件のよい住宅ローンに借り換えるには?

多くの銀行で取り扱っている住宅ローンは、原則としてその銀行の指定する信用保証会社での保証をつけることを条件としています。こういった制度が出来る前は、連帯保証人を立てることで保証として借入が出来ていたのですが、現在ではほとんどの銀行で信用保証会社による保証を借入条件としています。そして、住宅ローン借入時の諸費用として一番の負担になるのが、この保証料です。信用保証会社により若干の違いはあるものの、例えば3500万円の借入を返済期間35年で借りた場合、保証料はおおよそ70万円程になります。つまり保証料が必要ない住宅ローンに駆りかえるだけでこれだけのお金が浮くということになります。現金で用意出来ない場合には、金利に上乗せして支払うことも出来ますが、一括支払いより不利になるのが一般的です。住宅ローン借り換えは金利が安いものに借り換えるだけが重要とはいえないのです。こういった条件のよい住宅ローンを選ぶことで借り換え効果が非常に高くなるということがいえるでしょう。東京スター銀行の「スターフィット住宅ローン」は、保証会社を通した保証を必要としない為、そういった保証料が必要ありません。その代わりの条件として団体信用生命保険への加入を条件としています。また、団体信用生命保険に加入しない場合には、連帯保証人を必要としています。条件がよい住宅ローン借り換えをするためには金利や手数料の比較は欠かせません。特に手数料比較を大事にチェックするとおもわぬお得がありますよ。

住宅ローン借り換え比較!金利・手数料安い?【シュミレーション結果!】
住宅ローン借り換えは金利比較と手数料比較がまず重要なポイントになります。そして、借り入れ条件のいい銀行を見つけること。条件のいい銀行の住宅ローンなら金利の差以上のメリットがあるのです。団信保険料や保証料、繰上げ返済手数料といったところまでしっかり比較して借り換えをしましょう。
www.jyutakuloan-karikae-hikaku.com/